労務管理豆知識。健康診断の時間は給料って必要?

おはようございます、社労士の有馬です

本日は健康診断の労務管理豆知識です

従業員を一人でも雇っている事業者なら個人事業主だろうが法人だろうが従業員に健康診断を受けさせる義務があります

その際健康診断の費用は事業主が負担することになっていますが

健康診断を受けている時間は給料を支払う必要があるのでしょうか

給料が発生する条件は使用者の指揮命令下におかれたときであって

健康診断を受診せよとの命令が出ているのでその時間は給料が発生するように思えるのですが

実は健康診断を受けている時間は給料は払わなくてもいいということになっています

正確には払う義務がないということで、この事は厚生労働省のHPにも記載されています

一般健康診断は、一般的な健康確保を目的として事業者に実施義務を課したものですので、業務遂行との直接の関連において行われるものではありません。そのため、受診のための時間についての賃金は労使間の協議によって定めるべきものになります。

厚生労働省HPより抜粋

ただし、有害業務に従事する従業員に受診が義務付けられている特殊健康診断については業務遂行と直接の関連があるとされ

その時間は給料を支払うということになっています

まとめると

一年に一回の健康診断や、雇い入れの時の健康診断は給料が発生せず

有害業務に携わる人向けの特殊健康診断の時間は給料が発生するということですね

特に特殊健康診断は有害業務に携わる人と携わらない人が混在しているでしょうから、給料の発生するしないをきっちりと把握しておく必要がありますね