老後の資金は2000万円必要という報告書。財務大臣はそのような報告書は受け取らないといっているが

おはようございます、社労士の有馬です

95歳まで生きるには約2、000万円の資金が必要だという報告書を財務大臣が受け取らないという出来事がありました

実際2,000万円という根拠はどれほど信憑性があるものかは分かりませんが

たしかに物価は年々上がっていってますし、それに合わせて年金も上がっていっているものの、しかし、年金だけで暮らしているという人が少ない以上やはり年金プラスアルファの資金は必要なのでしょう

人口減少幅が過去最大とのニュースも流れていましたし、これ以上の福祉的な施策や年金の上昇というのは難しいかもしれません

じゃあどうすればいいのかというと、やはり定年を迎えても働き続けるという選択肢が恐らくもっとも無難になってくるのでしょう

企業としても経験豊富な社員は貴重でしょうし、中小企業はまだまだ人手不足と聞きますから新たに雇用するよりも人員の確保ははるかに楽なはずです

現在は65歳までの雇用延長制度(あるいはそれに変わる何らかの措置)が義務付けられていますが、それが70歳に伸びるという話もあります

ここであらかじめ環境を整えておくとこれからの人材確保に役立つかもしれませんね