喫煙、喫煙のメリットデメリットを禁煙5ヶ月の視点から

おはようございます、社労士の有馬です

私のスマホには禁煙アプリというのが入っているのですが、ちょうど今日で禁煙150日めだったようです

そこで、今回は禁煙5ヶ月の私が辞めてからわかった禁煙・喫煙のメリットデメリットを話してみたいと思います

これから禁煙を考えている人や、タバコを吸っている人にご笑納いただければ幸いです

私が禁煙を決意した理由

禁煙・喫煙のメリットデメリットを話す前にまず私が何故タバコを始めたのかと、何故やめたのかを話したいと思います

理由から入ったほうが後のメリットデメリットが理解しやすいと思いますが、興味が無ければ飛ばしてください

禁煙を始める前、私は一日一箱のタバコを吸う模範的なスモーカーでした(パーラメントという銘柄でタールは9mmでした)

吸い始めたのは大学の時で、学部で仲がよかったグループがほとんど喫煙者だったので、私も吸い始めたといったような感じです

ありきたりですね

やめたきっかけは体調が思わしくなくなってきたことです

特に寝起きが非常に悪く、頭痛で中々起きられないこともしばしばでした

タバコを吸い始めて変わったこと

タバコを吸い始めたことで色々な変化がありました

特に体調面。寝起きが抜群に悪い

特に頭痛がひどく、顔から血の気が引いているのが自分でも分かるほどでした

これではイカンと思って禁煙を決意したわけです

タバコを吸ってて良かったなと思うこと

体調の悪化の反面、実は吸ってて良かったなということも結構ありました

まずは初対面の人と仲が良くなりやすい

職場でも学校でもそうですが、喫煙者と非喫煙者でのコミニティの構築のやりやすさは全然違います

他人の悪口は盛り上がるのと同じで、タバコという悪徳を共有しているという共犯意識があるんでしょうね

あとは、タバコを吸うと集中力が上がるというのがあります

これは気のせいでもなんでもなくて、ニコチンに含まれる物質が脳の快楽を呼び起こす神経と結びつくのでリラックスしやすくなるからです

レポート作成とか勉強とかの時には本当にお世話になりました…って書くと妙なお薬みたいですが、本当に役に立っていたと思います

特に社労士資格はおそらく喫煙者で泣ければ合格していなかったでしょう

この意見は喫煙を推奨するものではないですし、効果も個人差があるので保障するものではありません。特に未成年の喫煙は絶対にやめましょう

以上、この二つの点はタバコを吸ってて良かったなと思った点でした

禁煙のメリット・喫煙のデメリットについて

さてここから本題の禁煙のメリット・喫煙のデメリットについて話して以降と思います

禁煙のメリット

まず禁煙して一ヵ月ほどで体調は明らかに改善します

夜も良く眠れるようになりますし、寝覚めも禁煙まえから比べるとはるかに快適です

さらに、タバコを吸いに行く時間やタバコを買いに行く時間を節約でき、旅行の時でも喫煙所を探しに行かずにすみます(あとはホテルでも禁煙の部屋に泊まれるようになります

喫煙のデメリット

逆に喫煙のデメリットは体調の悪化と無駄な時間を使わされることと、後は書き忘れましたが金銭的なことですね

確か一箱480円だったはずなので、一日一箱ペースで吸うと(正確に計算するのがめんどくさいのでざっくばらんにいうと)一月で15,000円ほど使っている計算になります

新入社員の月給が20万円だとすれば、8%くらいの割合を占めているということになります

会社の会計で考えると大変な経費ですよね

とはいえ15,000円浮いたからといってなぜか貯金は増えていないんですけど(なんでだろうなあ

禁煙のデメリット・喫煙のメリットについて

今度は禁煙のデメリットと喫煙のメリットについて話していきたいと思います

以外に思われるかも知れませんが、禁煙のデメリットが実はあります

繰り返しになりますがこの意見は喫煙を推奨するものではないですし、効果も個人差があるので保障するものではありません。特に未成年の喫煙は絶対にやめましょう。事実としてこういうことがあったという私の体験を書いているにすぎません

禁煙のデメリット

禁煙のデメリットは禁煙そのものです

禁煙している人は皆同じ意見だと思うのですが、正直辛いです

禁煙中は何をしていてもタバコの事を考えますし、夜中突然目覚めてタバコが吸いたくなることがあります

禁煙中の症状

禁煙中に体に現れる症状は実にバリエーション豊かでした

上のことに加えて、服に染み付いた臭いに苦しめられたり、部屋に染み付いた臭いに苦しめられたり

その苦しみから逃れるためにベランダに出ると、隣からタバコの臭いが漂ってきていや、これどんなイジメ? と世界に不信感を抱いたり

出かけてもタバコの臭いが気になりますし、コンビニ前で美味そうにタバコを吸っている人の姿が誘惑してくるし

あまつさえタバコを吸っている夢をみたりと散々です

とにかく禁煙は辛い。このことははっきり申し上げておきます

求めよ、さらば与えられん

とはいえ、これから禁煙しようとする人を脅して萎えさせるのもあれですので、私の経験から禁煙の期間の目安についてお話したいと思います

上に書いた様々な症状ですが、一週間ほどでほとんどの症状は緩和されます

なのでまずは禁煙一週間を目指してください

そして一ヵ月でほとんどの症状は消えますのでゴールは禁煙一ヵ月です

禁煙中の人やこれから禁煙しようと考える人はだまされたと思って一ヵ月続けてみてください

個人差はあるでしょうが、私の場合はそうでした

他にもある禁煙のデメリット

他にも喫煙者の友達と疎遠になるというのがあります

タバコの臭いは禁煙5ヶ月の中でもまだ魅力的で、油断すればまた喫煙を始めてしまいそうな気がするからです

その他にも喫煙者の友人の家はタバコの臭いに満ちているので近づき難いというのもあります

お酒を飲んでいる時も再び喫煙沼に引きずり込もうと誘惑してきますからね(本当に友人か?

喫煙のメリットについて

最後に喫煙のメリットについてお話して終わろうと思います

三回目になりますが、この意見は喫煙を推奨するものではないですし、効果も個人差があるので保障するものではありません。特に未成年の喫煙は絶対にやめましょう。事実としてこういうことがあったという私の体験を書いているにすぎません

喫煙のメリット一つ目は初対面の人と仲良くなりやすいことです

喫煙者は経験があると思いますが、喫煙所コミニティは結構和やかです

他の学部や他の部署の人も喫煙所に集まるので、思わぬ人脈ができたりします

とはいえど、禁煙を始めるとその人脈はなくなってしまう可能性があるのですが…

意外にも喫煙には実はこんなメリットが

あと喫煙にはこんなメリットがあります

会社員時代にソリの会わない上司がいまして

その上司がタバコを吸わないので昼休みや飲み会などで、その上司から逃げる口実によくタバコを使っていました(笑)

それはもう脱兎のごとく逃げておりまして、正直一番タバコ吸ってて良かったなと思った瞬間かもしれません

まとめ

禁煙するメリットはとにかく体調面の改善です

そのほかにも金銭的なメリットもありますし、心臓病のリスクも減るので良い事尽くめです

健康は失ってから分かるといいますが、失い続けていても分からないものです

禁煙して自分が不健康だったと実感しましたね

逆に喫煙のメリット初対面の人と仲良くなりやすいということです

ほかにも嫌な上司から逃げる口実になったりします(その上司が喫煙者なら逃げ場はありません

二つのメリット、デメリットを天秤にかけて禁煙するか喫煙するか選ぶといいでしょう

とはいえ、私は禁煙の方をオススメします

昨今喫煙者には厳しい風潮が続いていますし、タバコを本人の健康だけでなく、副流煙は周りの人にも害を及ぼします

タバコをやめて気づきましたが、タバコの臭いって結構きついですからね

くりかえしになりますが、この記事の内容は喫煙を推奨するものではないですし、効果も個人差があるので保障するものではありません。特に未成年の喫煙は絶対にやめましょう。事実としてこういうことがあったという私の体験を書いているにすぎません。ご注意ください