会社員でも確定申告が必要な場合があります。年末調整との違いとは

おはようございます、社労士の有馬です

確定申告は私のような個人事業主やフリーランスの人がやるようなイメージがありますが

実はサラリーマンの人でも必要になる場合があります

今回はサラリーマンの人が確定申告が必要な場合についてお話していきたいと思います

確定申告の必要なサラリーマンとは

確定申告の必要なサラリーマンの人は以下の人たちです

  1. 年収2,000万円以上
  2. 副業で20万円以上の収入があった人
  3. 2箇所から給料を得ていてどちらか一方が20万円を超えている人

この三つです

年収2,000万円以上の人は中々いない…というか、こういう人たちは確定申告を専門家に依頼すると思うので置いておいて

通常多いのは『副業で20万円以上の収入があった人』や『2箇所から給料を得ていてどちらか一方が20万円を超えている人』でしょうか

例えば株式の売買で利益が上がった人などがこれにあたります

他にも最近では動画サイトに投稿して広告料を得ている場合も、条件に合致すれば確定申告が必要になる場合があります

まとめ

現政権が推し進める一億層活躍社会が進むと、副業を始めるサラリーマンも増えてくると思います

その場合、20万円という金額が確定申告の一つの目安となるので、年間20万円を超えた場合は確定申告を行いましょう

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです