国民年金基金以外に年金を増やす選択肢、付加年金について

おはようございます、社労士の有馬です

先日国民年金基金について解説しましたが、第一号被保険者(国民年金に加入している人)で、年金を増やす方法がもう一つありましたので補足で解説したいと思います

前回の内容と是非あわせてご覧ください

もくじ

前回の記事の補足記事です

前回の記事をまだお読みでない方は是非そちらもご覧ください

付加年金について

国民年金の第一号保険者(自営業者や無職者)と任意加入被保険者(65歳以上を除く)は、定額保険料に付加保険料を上乗せすることで

将来受給する年金額を増やすことができます

付加保険料の金額は月額400円で、付加年金額は

200円 × 付加保険料納付月数

で計算されます

ちなみに付加保険料ですが40年払い続けたとして

400円 × 480ヶ月 = 192,000円

合計で192,000円払うことになり

年額で

200円 × 480ヶ月 = 96,000円

96,000円支給されるので、二年間で元が取れるということになります

付加年金は市区町村窓口で申込みができますが、国民年金基金との併用ができないので注意しましょう

まとめ

付加年金は掛け金も少なく、2年で元が取れるシステムなのですが、掛け金が少ない分、リターンもそこまで多くありません

一方、国民年金基金は掛け金は大きいものの、将来年金として給付される金額は付加年金と比べて大きいものとなっています

しかし、二つの制度を併用することはできないので、どちらが自分に必要なのかを把握した上で、プラスアルファの制度に加入するようにしましょう

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです