遺族への給付は年金と一時金。万が一の時のために知っておきましょう

おはようございます、社労士の有馬です

年金に加入中の人や、条件を満たした人が亡くなると年金制度から遺族給付が支給されます

遺族給付は年金と一時金がありますが、どのような給付がもらえるのか前もって知っておく方がよいでしょう

万が一の時のために自分の環境に当てはめて考えてみてください

遺族給付の種類と対象

遺族給付は大きく分けて二種類あります

第一号被保険者の人が亡くなった場合と第二号被保険者が亡くなった場合です

第一号被保険者とは自営業の人などで、第二号被保険者とは会社員や公務員の人なのですが

この人たちは加入している年金制度が違うので、もらえる年金も違ってきます

対象の人がどの制度に加入しているか前もって把握しておくといいでしょう

第一号被保険者(自営業の人など)に支給される遺族給付

第一号被保険者の人が亡くなった場合に支給される遺族給付は3種類です

遺族基礎年金、寡婦年金、死亡一時金です

遺族基礎年金は子供がいる配偶者か子供に

寡婦年金は妻に

死亡一時金は遺族基礎年金や寡婦年金が支給されない配偶者、子供、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹に支給されます

ちなみにここでいう子供というのは18歳到達年度の末日までの間にある子か、障害等級1,2級の20歳未満の子供のことです

また、死亡一時金は上にある順番の通りに受給権があり、そのうちの一番最初の人に支払われることになります

第二号被保険者(会社員や公務員)に支給される遺族給付

第二号被保険者の人が亡くなった場合に支給される遺族給付は2種類です

遺族基礎年金と遺族厚生年金の二つがもらえる人は子供がいる配偶者か子供

遺族厚生年金のみがもらえる人は配偶者、子供、父母、孫、祖父母です

ちょっとややこしいですが、第二号被保険者の人は第一号被保険者の人が加入している基礎年金にも同時に加入しているので、二つの年金がもらえる場合があります

遺族基礎年金と遺族厚生年金はもらえる条件が違うので遺族基礎年金と遺族厚生年金の二つがもらえる人と、遺族厚生年金のみがもらえる人と分かれる場合があるというわけですね

まとめ

遺族給付は年金制度の中でもややこしい部分の一つです

また、年金をもらっている人が亡くなった場合には未支給年金が必ず発生するので、分からないことがあれば専門家かお近くの年金事務所に相談しに行きましょう

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです