遺族年金の条件。遺族基礎年金と遺族厚生年金

おはようございます、社労士の有馬です

今回は遺族年金の話題です

遺族年金という名前は聞いたことがあっても、どのような制度か詳しく知っているという人はあまりいらっしゃらないかと思います

もちろん、関わらないに越したことは無いのですが、万が一の時に備えてある程度の知識は身につけておくべきでしょう

そこで今回は遺族年金の仕組みについて少しお話していきたいと思います

遺族年金について2種類。遺族基礎年金と遺族厚生年金について

遺族年金とは一家の大黒柱が亡くなった場合の残された遺族に対する生活保障の年金のことです

そして遺族年金には国民年金と厚生年金の二種類があり、国民年金である遺族基礎年金と、厚生年金である遺族厚生年金があります

この二つは名前は似ていますが、もらえる条件や金額が異なります

今回は遺族基礎年金と遺族厚生年金の二種類に分けて解説していきたいと思います

遺族基礎年金について

国民年金の第一号被保険者としてのみの期間しかない人

つまりサラリーマンとして厚生年金(共済年金)に加入している期間が無かった人が亡くなった場合に遺族基礎年金が支給されます

また、遺族年金は一家の大黒柱が亡くなった場合の残された遺族に対する生活保障の年金ですので、支給される人の条件が決まっています

遺族基礎年金が支給される人は子のいる配偶者、または亡くなったことで親がいなくなってしまった子です

子の条件は18歳になる年度末、もしくは障害のある20歳未満となっており

どちらも生計維持されていたことが条件となります

また、3人までの子につき、加算の金額があります

寡婦年金と死亡一時金

遺族基礎年金が支給されない場合でも他の年金、一時金が支給される場合があります

それが寡婦年金と死亡一時金です

寡婦年金は第一号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間含む)が10年以上ある夫が老齢基礎年金を受け取らずに亡くなった場合に、妻限定でもらえる年金です

名前の通り、妻しかもらえない年金という部分には注意ですね

妻の亡くなった夫と10年以上の継続した婚姻関係があることが条件で、事実婚も対象となります

期間は妻が60歳~65歳になる5年間です

額は夫がもらうはずだった老齢基礎年金の4分の3です

死亡一時金

死亡一時金は寡婦年金よりももらえる条件の緩い一時金です

まず、亡くなった人の条件が第一号被保険者として保険料を納めた機関が3年以上となっています

老齢基礎年金、障害基礎年金のどちらも受け取ったことが無いことが条件で

受け取れる範囲が妻だけでなく、配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹のいずれかとなっています

優先順位は順番通り、①配偶者②子③父母④孫⑤祖父母⑥兄弟姉妹となっています

金額は保険料を納めた月数によって決まってきます

ちなみに寡婦年金と死亡一時金の両方を受け取ることはできません

遺族厚生年金について

遺族厚生年金は厚生年金に加入中の人や、障害厚生年金をもらっている人、老齢厚生年金を受け取っている人が死亡したときに発生する年金です

詳しく書くと以下のようになります

①亡くなった人がその時点で厚生年金保険に加入中であるとき

②厚生年金保険加入期間中に初診日がある病気や怪我が原因で初診日から5年以内に亡くなったとき

③1,2級の障害厚生年金を受け取っているとき

④老齢厚生年金を受け取っている人が死亡したとき。または、受給要件を満たしている人が死亡したとき(保険料納付済期間と保険料免除期間を合わせて25年以上)

遺族厚生年金がもらえる人

遺族厚生年金がもらえる人は遺族基礎年金と同じく厚生年金保険に加入していた人が亡くなったとき、生計を維持されていた人という条件があるのですが

遺族基礎年金と大きく異なる点は、子がいなくても受け取ることができるという点です

また、受け取れる人も多く、生計を維持されていれば、配偶者、子、子のいない妻、子のいない夫、父母、孫、祖父母となっています

優先順位はこの順番の通りで、関係性によって年齢の制限や受け取り開始年齢が違います

また、遺族基礎年金と同時に条件を満たせば遺族厚生年金と遺族基礎年金は同時に受け取ることができます

まとめ

遺族年金は遺族基礎年金と遺族厚生年金で内容が異なるので少し難しく感じます

基本は残された遺族の生活保障なので、そのあたりを押さえながら考えていくと理解を含めるのに役にたつかもしれませんね

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てば幸いです