老齢年金の額、補足。引かれる社会保険料と税金

おはようございます、社労士の有馬です

老齢年金の額や計算方法を以前記事で紹介しましたが、正確にはそこから社会保険料や税を引いた金額が銀行講座に振り込まれます

今回は老齢年金の金額の細くの記事ということで、老齢年金から引かれる社会保険料と税金についてお話したいと思います

老齢年金から引かれる社会保険料と税金

老齢年金から引かれる社会保険料と税金は合わせて4種類あります

塵も積もって結構な金額になるかと思いますので、老後の生活設計を考える際には考慮に入れておいたほうがいいかもしれません

介護保険料

65歳以上で、年金額が年額18万円以上の方は、年金から介護保険料が引かれます

また、会社勤めをしている方の中には健康保険に加入している人がいると思いますが

65歳以降からは、介護保険料は65歳以降からは年金から引かれることになります

国民健康保険料(税)

65歳~74歳で年金額が年18万円以上ある人は、国民健康保険料が年金から天引きされます

会社勤めをしている方は、74歳まではそのまま給料から健康保険料が天引きされます。年金からは天引きされません

後期高齢者医療制度の保険料

75歳になると国民健康保険、健康保険の制度から後期高齢者医療制度へと以降します

この後期高齢者医療制度の保険料は18万円以上の年金をもらえる人は、年金から天引きされます

会社勤めをしている方は74歳までは給料から健康保険料が天引きされていたと思いますが、75歳からは年金から保険料が天引きされることになります

ちなみに厚生年金は70歳までですので、健康保険料より5年早く保険料を払わなくてよくなります

所得税

老齢年金は税金の課税対象なので、所得税がかかってきます(遺族年金と障害年金には税金がかかりません)

所得税も年金から自動的に天引きされ、2.1%の復興特別職税もあわせて引かれます

ちなみに老齢年金は控除の対象なので、所得税がかからないという人もいます

65歳未満の人は年金額が108万円未満、65歳以上で年金額が158万円未満の人は所得税がかかりません

住民税

年に18万円以上の年金を受け取っている65歳以上の人は、年金額から住民税が計算されます

計算された住民税は老齢年金から天引きされます

まとめ

18万円以上は天引きという条件がそこかしこで出てきますが、この条件に当てはまらない場合は、金融機関の窓口で現金納付や、口座振替などで自ら手続きを行う必要があります

関連記事