老齢年金は65歳になっても自動的にはもらえません。ちゃんと請求しましょう

おはようございます、社労士の有馬です

GWの休みボケがまだ残っていますが頑張っていきましょう

さて、今回は老齢年金の請求についてお話したいと思います

そろそろ年金がもらえると楽しみにしている人も多いかと思いますが、実は老齢年金は黙っていて自動的にもらえるという年金ではありません

遅らせることでメリットもあるのですが、そうではない人は確実に請求をしておきましょう

老齢年金は請求しないと受け取れない

老齢年金は請求しないと受け取れません

請求とは年金をくれと、国に言うことですが、どのようにして請求すればいいのでしょうか

65歳になると日本年金機構から年金請求書が送られてくる

65歳になる3ヶ月前に日本年金機構から年金請求書が送られてきます

日本年金機構からは59歳の時にどれくらいの年金がもらえるかの書類が来たと思いますが

65歳になるとくるこの書類は非常に重要なものなので捨てないようにしましょう

万が一捨ててしまったり失くしてしまった場合は、年金機構に電話して再発行してもらうか

日本年金機構のHPから書式をダウンロードすることができます

老齢年金の請求に必要なもの

老齢年金の請求に必要なものは戸籍謄本などの生年月日が証明できるもの

生活を支えている配偶者がいる場合は世帯全員の住民票

年金を振り込んでもらう銀行の通帳

そして印鑑です

請求書は65歳になる3ヶ月前に届きますが、請求自体は65歳になってからですのでフライングしないように注意しましょう

年金を請求した後に届くもの

年金を請求すると、年金証書と年金決定通知書・届出、手続きの手引きが届きます

年金証書はその人が亡くなった後にも使うので捨てないで大切に保管しておきましょう

年金証書が届くのは1ヶ月くらいとされていますが、時期によってはもう少しかかる場合もあります

気長に待ちましょう

年金がもらえる月

年金の手続きが全て済めば年金が指定の銀行に振り込まれますが、毎月振り込まれるというわけではありません

年金は年6回、二か月分が偶数月に振り込まれます

2月・4月・6月・8月・10月・12月ですね

2月に振り込まれる分は昨年の12月・1月分

4月に振り込まれる分は2月・3月分となっています

まとめ

年金の請求が遅れてもその月分がもらえないということはありません

ちゃんと65歳にさかのぼって支払われます

また、年金は繰り下げ請求も可能で、1ヶ月繰り下げるごとに0.7パーセント増額されます

最大5年分、42パーセント増ですので健康に自信がある方はこちらを検討してみてもいいかもしれません

逆に繰り上げ請求といって最大5年早くもらえる制度もあります

こちらは最大30パーセント減額ですが、早めにほしいという方は検討してみるといいでしょう

過去の記事でご紹介していますので、よろしければそちらもご覧ください

【増える?】年金っていつからもらえるの?【減る?】

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです