65歳以上で働く人は老齢厚生年金が減る可能性があります

おはようございます、社労士の有馬です

在職老齢年金廃止の話題もでましたが、そもそも在職老齢年金ってなんやんねんという人も多いのではないでしょうか

在職老齢年金とは一言で説明すると老齢厚生年金をもらえる人が働いていると年金の一部または全部が停止される仕組みのことですが

中には働いてるけど年金は減らされていないよ? という人や、同じ給料なのに減額されている年金の額が違うという人も中にはいるかと思います

在職老齢年金とはいったいなんなのか

その仕組みについて詳しく解説していきたいと思います

在職老齢年金は二種類ある

在職老齢年金は65歳未満の人と、65歳以上で制度が異なっています

65歳未満で老齢厚生年金をもらえる人は昭和36年4月1日以前の生まれの男性か昭和41年4月1日以前生まれの人なので少なくなっていますが

65歳未満で老齢厚生年金をもらえる人のほうが、在職老齢年金の仕組みに引っかかる可能性が高くなります(引っかかるという言い方はあまりよくないですが分かりやすさ重視ということで一つ

具体的にどのように違うのかというと、在職老齢年金は年金と賃金の合計額が一定金額を超えると停止部分が出てくるのですが、その一定額の値段が違ってきます

65歳未満は賃金(月額)+厚生年金(月額)=28万円以上から

65歳以上は賃金(月額)+厚生年金(月額)=46万円以上からです

例えば月給で30万円の給料をもらっていて、厚生年金を5万円もらっている人がいるならば

65歳未満の場合は合計金額が28万円を超えているので年金の停止部分が発生しますが

65歳以上の場合は合計金額が46万円を超えていないので年金は停止されないということですね

まとめ

在職老齢年金の減額の計算方法は65歳以上の場合は(年金+賃金ー46万円)/2となっています

例えば年金10万円で賃金40万円の人がいたとしたら

(10万円+40万円-46万円)/2=2万円

となり10万円から2万円を引いた金額が月額の老齢厚生年金として支給されます

65歳未満の場合は4つの場合があり、年金が28万円以下か28万円を越えるか

賃金が46万円以下か46万円を越えるのかで計算方法が違ってきます

詳しくは過去の記事で紹介していますのでそちらをご覧ください

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです