休日に一時間だけ出勤した場合でも一日分の給与を支払う必要があるのだろうか

おはようございます、社労士の有馬です

過去の記事で振替休日と代休の違いについてお話しましたが

完全に労働日を入れ替える場合はいいとして、休日を入れ替えずに普通に出勤させることになった場合はどうすればいいのでしょうか

休日手当(1.35倍)を払えばいいのかそれとも残業分の割増賃金(1.25倍)を払えばいいのか

今回はこのあたりを詳しく解説していきたいと思います

振替休日と代休の違いについての記事はこちら

法定休日と所定休日

過去の記事でも紹介しましたが、休日には法定休日と所定休日の二種類があります

この二つについて大雑把に解説すると、法定休日は法律のルールに則って決められた休日で、所定休日は会社が決めた休日のことです

休日手当と割増賃金を考える場合はこの休日の考え方大切になってきます

では法律で定められた休日のルールとはいったいどのようなものなのでしょうか

休日は1週間に1度。ないしは4週間に4日

休日を決める法律は労働基準法35条に記載されています

第三十五条

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

<労働基準法より引用>

非常にシンプルな法律ですが、注意すべき点があります

それは毎週少なくとも1回の休日が基本であり、4週間を通じ4日以上が例外だということです

4週間を通じ4日以上とする場合は就業規則であらかじめ起算日を設定しておく必要があります

そのあたりは今回の記事では詳しく説明しませんが、過去に休日に関する記事を載せていますのでそちらをご覧ください

とにかく休日のルールは週一日もしくは4週間に4日で

そのルールに則って決めた休日が法定休日となり、それ以外の休日は所定休日となります

法定休日に働いた場合と、所定休日に働いた場合

法定休日と所定休日の解説をしたところで本題に入りたいと思います

法定休日と所定休日の違いが分かれば賃金の割増率も分かってきます

つまり法定休日の場合は休日手当(1.35倍)、所定休日に働いた場合は通常の割増賃金(1.25倍)となります

例えば法定休日が日曜日で所定休日が土曜日の場合は、日曜日に働いた場合は休日手当、土曜日に働いた場合は割増賃金となります

ただし、労働日を振り替えて、あらかじめ振替休日を用意した場合は振替休日と代休の違いで説明したとおりの賃金支払となります

しかし、使用者側の場合、振替休日にで労働してもらう場合は注意する点があります

それは休日手当を支払っても休日は法律どおりに与えなければいけないということです

まとめると、週1回、もしくは4週間に4回の休日という部分は守らなければいけないということです

繁忙期や、変形労働制を採用している場合は知らず知らずのうちに条件を満たしていない場合があるので休日の日数は注意が必要です

まとめ

通常の場合は意識することは無いでしょうが、出張や繁忙期などは休日がきちんととられているか注意しておく必要があるでしょう

些細なことで目をつけられてもつまらないですからね

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです