ハマキョウレックス事件の続報。皆勤手当の格差も違法と認定

おはようございます、社労士の有馬です

平成30年6月に最高裁で判決が下されたハマキョウレックス事件ですが

今回の高裁での判決で、解禁手当の格差も違法と認定されたようです

非正規と正規の格差についての考え方の指針になる判決かと思いますので共有していきたいと思います

もくじ

ハマキョウレックス事件とは

ハマキョウレックス事件とは有期労働契約社員が無期労働契約社員との待遇の格差を是正を求めて起こした裁判のことです

具体的には『無事故、作業、給食、住宅、皆勤、通勤』の待遇について、手当の趣旨ではなく、雇用形態で決められていることについての是正を求めたものです

誤解を恐れずに噛み砕いて言えば、仕事内容はほとんど同じなのに手当に差があるのはおかしい。無事故手当や皆勤手当は正社員だからもらえるんじゃなくて、事故がなかったり皆勤だからもらえるんじゃないのか

といったような内容です

最高裁の判決。今回の高裁の判決

この訴えを受けて、高裁での判決が『無事故、作業、給食、住宅、皆勤、通勤』のうち、『住宅、皆勤』を除く4つの手当について格差を設けるのは違法という判決がくだされました

そして、その高裁の判断を踏まえ、今年の6月にさらに『皆勤』について差を設けるのは不合理であると最高裁で判断され

そして差し戻された今回の高裁の判決で、最高裁の判断を尊重し、改めて皆勤手当についても差を設けるのは違法と判断されました

今回の判決から読み取れること

今回の判決は労働契約法20条について具体的な事例が出された判決であると考えて良いかと思います

労働契約法20条

有期労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件が、期間の定めがあることにより同一の使用者と期間の定めのない労働契約を締結している労働者の労働契約の内容である労働条件と相違する場合においては、当該労働条件の相違は、労働者の業務の内容及び当該業務に伴う責任の程度(以下この条において「職務の内容」という。)、当該職務の内容及び配置の変更の範囲その他の事情を考慮して、不合理と認められるものであってはならない。

これを踏まえた裁判要旨に

有期契約労働者と無期契約労働者との労働条件の相違が労働契約法20条に違反する場合であっても,同条の効力により当該有期契約労働者の労働条件が比較の対象である無期契約労働者の労働条件と同一のものとなるものではない

とされてはいるものの

乗務員のうち無期契約労働者に対して皆勤手当を支給する一方で,有期契約労働者に対してこれを支給しないという労働条件の相違は,次の(1)~(3)など判示の事情の下においては,労働契約法20条にいう不合理と認められるものに当たる

とされておりその(1)~(3)に関しては

(1) 上記皆勤手当は,出勤する乗務員を確保する必要があることから,皆勤を奨励する趣旨で支給されるものである。
(2) 乗務員については,有期契約労働者と無期契約労働者の職務の内容が異ならない。
(3) 就業規則等において,有期契約労働者は会社の業績と本人の勤務成績を考慮して昇給することがあるが,昇給しないことが原則であるとされている上,皆勤の事実を考慮して昇給が行われたとの事情もうかがわれない。

と説明されています

要約すると

皆勤に対して支給される手当に有期契約労働者も無期契約労働者も関係ないでしょ

ってことのようです

ただし、住宅については有期契約労働者と無期契約労働者の待遇の差を設けることは違法とされていないことから、待遇に差をつける事自体を制限した判決ということではありません

もし待遇に差をつけるなら、合理的な理由に基づく手当にしなさいよ、ということが今回の判決の趣旨ではないでしょうか

有期契約労働社員と無期契約労働社員を雇用していて

今回のような『無事故、作業、給食、住宅、皆勤、通勤』のような手当で待遇に差を設けている場合は、今のうちに整備しておいたほうが後々のトラブルを防げるかもしれません

今回の裁判も平成28年から続いていますし、裁判にかける労力や費用、判決に基づいた支払いを考えれば備えておくに越したことはありませんからね

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです

ハマキョウレックス事件についてより詳しく知りたいという方は裁判所の判例にリンクを貼っておきますので、良ければそちらもご覧ください

ハマキョウレックス事件 判例 ←外部リンクに飛びます

関連記事