産前産後休養、育児休業中の保険料は免除。申請して保険料を免除してもらおう

おはようございます、社労士の有馬です

産前産後休業、育児休業中は厚生年金や健康保険の保険料が免除されます

折半分の会社の保険料も免除されるので、対象者が出た場合は忘れずに申請して免除してもらいましょう

というわけで今回は産前産後休業と育児休業について解説していきたいと思います

女性の社会進出が叫ばれている今、この二つの休業はこれからふえてくると思いますのでこの機会にチェックしておきましょう

産前産後休業、育児休業について

産前産後休業と育児休業を合わせて『産休』と呼んだりもしますが、実はそれぞれ違った制度になっています

それぞれがどういった制度なのかまずは一つ一つ把握しておきましょう

産前・産後休業

産前休業は42日(6週間)

産後休業は56日(8週間)となっています

ちなみに産前休業は労働者の申請によって与えなければいけないものですが

産後休業は強制的に与えられるものになります

育児休業

育児休業は3種類あり

  1. 1歳に満たない子を養育するための育児休業
  2. 1歳から1歳6ヶ月に達するまでの子を養育するための育児休業
  3. 1歳から3歳(1歳6ヶ月から3歳)までの子を養育するための育児休業

この三種類です

実際は1.2と3に分かれていて1.2に関しては同じものになっています

1.の1歳に満たない子を養育するための育児休業をとっているときに保育所に子供を預けることができない場合、1歳6ヶ月になるまで育児休業を延長することができます

その後、さらに申請することによって3歳までの子を養育するための育児休業を取得することができます

産前産後休業、育児休業を取得したときの保険料免除

産前産後休業、育児休業取得時はどちらも厚生年金、健康保険の保険料が免除されます

この保険料免除は事業主側の折半分も免除されるので申請して免除してもらいましょう

どちらも事業所を管轄する年金事務所に申請

産前産後休業中の保険料免除の場合は『健康保険厚生年金保険産前産後休業取得者申出書』

育児休業中の保険料免除の場合は『健康保険厚生年金保険育児休業等取得者申出書』を提出します

ながったらしい名前ですが、産前産後休業、育児休業と途中に名前が入っているので意外に分かりやすいです

年金事務所に問い合わせると親切に教えてくれますので分からなければ電話して聞いてみるといいでしょう

育児休業の場合、1歳(1歳6ヶ月)までの育児休業と3歳までの育児休業は別の制度になっていますので2回提出することになります

期間が開いて忘れがちななので忘れないようにしましょう

まとめ

女性の社会進出が増えてくると、労務管理担当者もこういった手続きをすることが増えてくるかと思います

外国人も同じようにこういった制度の恩恵を受けられるので忘れないように申請しましょう

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです