インフルエンザでは休めない? 病者の就業制限について解説していきます

おはようございます、社労士の有馬です

最近インフルエンザが流行してますね

厚生労働大臣もインフルエンザにかかってダウンしているのだとか

まあ、この時期にインフルで倒れるって反射的に何か言いたい気持ちになりますが、流石に病気では仕方ない

ゆっくり休んでほしいで、早く治してほしいですね

さて、そんなインフルエンザですが、従業員がかかった場合はどういう対応をとればいいのでしょうか

もちろん社員さんには休んでいただいて早く治していただきたいのですが

問題は休まないといわれた場合です

仕事が溜まっているので休めないといって会社に来ようとする社員がいる、というのは結構耳に入ってくる話題です

江戸時代ならその忠義心、あっぱれである、といわれるところですが、現代だと、他の人にうつって二次災害がおこり、下手すると、会社の機能が停止しかねません

感染症の就業制限について定められた法律はありますが、インフルエンザの場合はどうなっているのでしょうか

その辺りを詳しく解説していきます

実は通常のインフルエンザは就業制限にかかる感染症に含まれていない

労働安全衛生法には病者の就業禁止という項目があります(68条)

内容は、事業者は、伝染性の疾病その他の疾病で、厚生労働省令で定めるものにかかつた労働者については、厚生労働省令で定めるところにより、その就業を禁止しなければならない。

というもので、『厚生労働省令で定めるものにかかつた労働者』、の就業を禁止しています

そう、実は就業制限のかかる病気というのは厚生労働省令で定めるものに限られているのです

その厚生労働省令で定めるものというのは具体的な名前が挙がっていて、例えばコレラとかエボラ出血熱とかです

ちなみに季節性のインフルエンザはその中に含まれていません

ではインフルエンザにかかった社員がどうしても出勤したいといった場合は、出勤させなければいけないのでしょうか

会社には他の社員への安全配慮義務もある

厚生労働省令で定める伝染病に入っていないとはいえ、インフルエンザも感染力の強い病気です

それに会社には安全配慮義務もあります

インフルエンザにかかった社員の出勤を認めて、他の社員がインフルエンザにかかった場合、安全配慮義務違反を問われる可能性があります

なので、インフルエンザにかかった社員が出勤したいと言っても休ませる必要があるのですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか

就業規則を根拠に休ませることができる

この場合は就業規則を根拠に休ませることができます

医師が就業不可と認め、なおかつ会社が認めた場合は就業を禁止することがある

という項目を就業規則に書いておきましょう

就業規則に書いておかないと休ませることもできません

なお、この場合は法律で認める感染症ではなく、会社都合で休ませている(会社の責による休業)ということになるので、休業手当が発生することになります

とはいえ、普通はインフルエンザにかかると仕事どころではなくなると思いますので、自主的に休むという人がほとんどでしょうからそういうことはないと思うのですが

万が一インフルエンザでもどうしても出勤したいと主張する社員がいた場合は、そういうこともある、ということは労務管理担当者は頭の隅においておくべきでしょう

ちなみに厚生労働省令にある感染症にかかった場合の出勤停止の場合は、会社責がある休業ではありません

労務が提供されていないので、ノーワーク・ノーペイの原則に従えば大丈夫です

まとめ

季節性のインフルエンザは厚生労働省令で定める感染症には含まれませんが

新型インフルエンザや鳥インフルエンザは厚生労働省令で定める感染症に含まれます

社員からインフルエンザの疑いがあるといわれた場合はとにかく病院での受診をさせてからの対応をおすすめします

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです