明石市長が暴言で辞職。どういう事がパワハラになるのか

おはようございます、社労士の有馬です

『火をつけて捕まって来い』という発言が外部に漏れて明石市の市長が辞職しました

暴言の録音から発覚したようですが、なんだか時代を感じさせる発覚の仕方です

昔なら密室で発覚しなかったことが、今は誰でも携帯電話やスマホで簡単に証拠が残せ、簡単に発覚する時代です

このようなことが起きないようにするには一人一人のパワハラやセクハラに対する知識が不可欠といえるでしょう

そこで今回はパワハラについてお話していきたいと思います

パワハラは上司部下の関係だけでなく、同僚・同期同士でも起こり得ますので全社員で共有しておきたいですね

これだけは押さえたい。パワハラの3要素

パワハラとはパワーハラスメントの略ですが、いったいどういうものがパワハラにあたるのでしょうか

部下を叱ったり、罰則を与えることはパワハラにあたるのでしょうか

そういった悩みを持つ管理職の方は多いと思いますがパワハラの定義は実は決まっています

それは

  1. 職場の優位性を背景に
  2. 業務の適正の範囲を超えて
  3. 精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為

です

つまり、普通に部下を叱ったりする行為は業務の適正範囲ですし

遅刻や無断欠席に対して減給や叱責を行うのは(就業規則に定めてあれば)適性の範囲内です

とはいえど、どのあたりが普通なのかという疑問は当然あるかと思います

そこでパワハラ6つの類型ということで、どういったことがパワハラにあたるのか具体的にみていきましょう

パワハラ6つの類型。コレに当てはまると赤信号

パワハラは6つの事例に分けることができます

①精神的な攻撃

同僚の前で辱めるようにして叱責する。全員あてに送信されたメールで名指しで注意される。必要以上の長時間叱責を行う

②身体的な攻撃

殴る、蹴るなどの暴行。丸めた用紙で叩く

③人間関係からの切り離し

一人だけ部署から席を離される。送別会等に出席させない。強制的に自宅待機を命じる

④過大な要求

仕事のやり方が分からない人に対して(新入社員等)に対して仕事を押し付けて帰ってしまう

⑤過小な要求

運転手なのに草むしりを命じられる。事務職なのに倉庫業務だけを命じられる

⑥個の侵害

交際相手について執拗に問う。妻(夫)に対して悪口を言う

です

①・②・③は論外ですね

気をつけるべきは④・⑤・⑥でしょうか

これらに関してはケースバイケースとなるのでどれがパワハラにあたるのか判断は難しいと思いますが

提案できる方法としては相談窓口を設けておくことと定期的にセミナーを行う方法です

パワハラは個人の資質も大きな要因になってくるかと思います

中には溜め込む人もいて、何であの人が? というような事態は決して珍しくケースではありません

そこで取り返しの付かない事態になる前に、相談窓口に相談してもらい、外部窓口に相談しやすいように定期的にセミナーを行い、従業員に理解してもらうということです

相談窓口なんて作るとめんどくさいことになると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

相談窓口があったほうが、取り返しの付かない事態や深刻な事態になり難いと思います

労災も精神的なものも認められる傾向がありますし、安全配慮義務を果たすという意味でもあったほうがいい窓口ではないかと思っています

まとめ

パワハラは職場環境を悪化させますし、労災に発展することもあります。百害あって一利もありません

しかも、仕事に熱心なあまり、パワハラをしてしまうというケースもあり、パワハラへの不理解が加害者、被害者ともに最悪の結果をもたらしてしまうこともあります

知らないうちにパワハラをしていないか、周りがパワハラをしていないか注意できる環境を整えられるといいですね

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです