【タイムカード】働き方改革を踏まえて労働時間の把握方法について解説【出勤簿】

おはようございます、社労士の有馬です

働き方改革が始まるとこれまで以上に労働時間の正確な把握が求められることになりますが

具体的にはどのようにして労働時間の把握を行えばいいのでしょうか

そもそも出勤退勤に関しても管理方法は会社によってまちまちです。明確な基準は無いのでしょうか

ということで今回は労働時間の把握の基本、出勤簿についてお話していきたいと思います

労働時間の適正な把握のためのガイドライン

労働時間の把握に関しては、平成29年1月20日に厚生労働省がガイドラインを公表しています

そのガイドラインによると出勤退勤時間の正確な把握に関する措置は以下のようになっています

○ 使用者は、労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を確認し、適正に記録すること
(1) 原則的な方法
・ 使用者が、自ら現認することにより確認すること
・ タイムカード、ICカード、パソコンの使用時間の記録等の客観的な記録を基礎として
  確認し、適正に記録すること
(2) やむを得ず自己申告制で労働時間を把握する場合
① 自己申告を行う労働者や、労働時間を管理する者に対しても自己申告制の適正な
運用等ガイドラインに基づく措置等について、十分な説明を行うこと
② 自己申告により把握した労働時間と、入退場記録やパソコンの使用時間等から把
握した在社時間との間に著しい乖離がある場合には実態調査を実施し、所要の労働
時間の補正をすること
③ 使用者は労働者が自己申告できる時間数の上限を設ける等適正な自己申告を阻
害する措置を設けてはならないこと。さらに36協定の延長することができる時間数を
超えて労働しているにもかかわらず、記録上これを守っているようにすることが、労働
者等において慣習的に行われていないか確認すること

<労働時間の適正な把握 のために使用者が講ずべき措置に関するガイドラインより引用>

ごちゃごちゃ色々かいてますが

まとめると一番望ましいのは客観的な記録が残るタイムカードやICカードそれが出来ない場合は自己申告でもよいと書かれています

自己申告とは例えばノートに社員が自ら出勤退勤の時間を書くような形式のものですね

これからの労働時間の把握

強制力は無いのですが、法律や政令に次ぐ目安となりえるのがガイドラインです

それに働き方改革で労働時間の正確な把握が求められるようになるのを踏まえると、やはりガイドラインに沿った手段を用意しておいたほうが無難と言えるでしょう

ICカードやタイムカードの導入がまだという会社は今のうちに導入しておいたほうがいいかもしれませんね

簡単なものでしたら電気店でも売ってますので、今ならコストもそこまでかからないかと思います

まとめ

新しい制度が導入される時はまず最初を乗り切るのが肝心かと思います

働き方改革が始まる前に出来るところは対策を打っておきたいですね

ちなみに出勤退勤の分かるもの(出退勤簿)は3年間の保存義務があります

退職した人のものも保管しておかなければいけないので、捨てずに大切にとっておきましょう

その部分を考えると場所もとりますし、万が一の事を考えると電子的に管理できる方法を採用したほうが後々のためにいいかもしれませんね

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです