労災保険のしくみ。会社だけでなく、個人でも申請できます

おはようございます、社労士の有馬です

最近では昔に比べて業務上の怪我は減ってきたように感じますが、欝やパワハラなどの労災手続きが増えてきたように感じます

労災は会社だけでなく、個人でも申請できるものです

もしもの時のために労災保険のしくみについて知っておきましょう

もくじ

労災保険のしくみ

 

労災保険とは労働者災害補償保険のことで、労働者が就業中や勤務途中の災害について給付される保険給付です

それ以外の災害による病気や怪我。すなわち就業中、勤務途中以外の災害で病気や怪我を負った場合は、健康保険から保険給付がされます

健康保険は自己負担三割ですが、労災保険は原則無料です。保険料も被保険者ではなく、会社が全額負担することになります

労災保険の手続きは原則として会社を通じて行うことになっていますが、保険給付の手続きは本人が申請することもできます

 

労災保険の保険者と保険給付

 

労災保険の事業を行う団体の事を保険者といいます

労災保険の保険者は政府となっており、厚生労働省と地方の都道府県労働基準監督局、労働基準監督署がその事務を担当します

労災保険の申請や手続きを行うときはお近くの労働局や労働基準監督署で行うことになります

労災保険の給付の種類は以下のようになっています

病気や怪我をしたとき 療養(補償)給付
病気や怪我で会社を休んだとき 休業(補償)給付、傷病(補償)年金
障害が残ったとき 障害(補償)年金、一時金
亡くなったとき 遺族(補償)年金、一時金
葬祭料(葬祭給付)
介護を受けるとき 介護「(補償)給付
健康診断で異常所見があったとき 2次健康診断等給付

 

まとめ

健康保険と労災保険は混同しがちな保険給付です

この二つは制度がちがうので、間違った給付を受けてしまうと後々手続きが面倒になります

特に通勤災害の場合は健康保険で処理しがちなので注意が必要です

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです

関連記事