定時決定の時に届ける算定基礎届について

おはようございます、社労士の有馬です

一年間の社会保険料を決める定時決定をする際に届ける書類の事を算定基礎届といいます

今回はそんな定時決定について解説していきたいと思います

もくじ

関連記事

算定基礎届の計算期間

 

定時決定とはその年度の社会保険料を決める手続きのことです

そして、その定時決定の届出をするときに提出する書類の事を算定基礎届といいます

定時決定の計算は年度全ての月の給料で決めるのではなく、4月・5月・6月の三ヶ月間に支給された報酬の合計額を3で割った報酬月額を、標準報酬月額表に当てはめて決定します

この時期に残業が多かったりすると、その年の社会保険料が高くなったりする場合もあります

算定基礎届で決定した定時決定の有効期間

 

定時決定で決定された標準報酬月額(社会保険料を算出するときに報酬月額表に当てはめるときに使う数字)の有効期間はその年の9月から翌年の8月まで適用されることになります

決定された標準報酬月額は不変というわけではなく、固定給が大幅に変化したときに行われる随時改定や、育児休業・産前産後休業を終了したときに行われる改定で変化する場合があります

随時改定や育児休業・産前産後休業を終了したときに行われる改定で変化した報酬月額は1月~6月までに改定されたものはその年の8月まで

7月~12月までに改定された標準報酬月額は翌年の8月まで使用されます

算定基礎届を作成するときの支払基礎日数とは

 

算定基礎届には支払基礎日数を記入する欄があります

この欄は月給・週給等で支払われる場合は、報酬の対象となる期間の歴日数(その月のカレンダーの最後の数字)

日給・時給で支払われる場合は、実際に出勤した日数になります

有給休暇の取得日も含みます

また、定時決定は4月、5月、6月に支給された報酬の合計額を3で割りますが、この支払基礎日数が17日未満のつきがある場合は、その月の報酬はカウントしません

もちろん、除外された月があった場合はその月をマイナスして計算します

まとめ

算定基礎届けは毎年7月1日から7月10日に提出します

しかし、算定基礎届は年金事務所から送られてくるのですが、結構ぎりぎりに送られてくるのであらかじめ報酬のデータなどはそろえて整合性をとっておきましょう

算定基礎届は電子申請でも行えますので、電子申請を取り入れている会社であれば、そちらを検討してみてもいいかもしれません

算定基礎届の提出 日本年金機構

それでは今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです