令和最初の算定基礎届。変更点もあるみたい

おはようございます、社労士の有馬です

今年も算定基礎届けの季節が近づいてきましたね。令和最初の算定基礎届ですがミスの無いようにしていきましょう

さて、そんな算定基礎届ですが、今年も日本年金機構より案内が出されました

作成方法は例年通りですが、8月、9月に随時改定の予定がある人に関しては事業主の申請で7月の算定基礎届けの提出が省略可能だそうです

方法などくわしくは日本年金機構のHPに載っていますのでそちらをご覧ください

8月、9月の随時改定予定者にかかる算定基礎届の提出について(日本年金機構) ← 外部ページに飛びます

重要そうな点を抜粋して載せておきます

算定基礎届は、7月1日現在の全ての被保険者(6月1日以降に資格取得した被保険者等を除く)が提出対象となりますが、8月または9月に随時改定が予定されている被保険者について、事業主から申出をいただいた場合は、7月提出時において、算定基礎届の届出を省略することが可能です。

<日本年金機構HPより引用>