【いつから?】働き方改革【何が変わる?】今回は導入です

平成30年7月6日に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が公布されましたが、この法律で何が変わるのでしょうか

働き方改革とはなにか

働き方改革で何が変わるのかについて詳しく説明します

 

この記事の内容

働き方改概要

働き方改革で変わること

 

この記事を書いている私は勤務・開業社会保険労務士として4年ほど

最近話題の働き方改革について重要そうな点をまとめてみました

 

働き方改概要

 

働き方改革とは日本の労働環境における3つの問題に対処するという改革で、その3つの問題とは

  1. 正規・非正規の不合理な差の是正
  2. 長時間労働対策
  3. 単線型の日本のキャリアパスの変革

のことです

この3つに関してはしたの関連記事で詳しく説明していますので、あわせてお読みください

働き方改革関連記事

そして平成30年7月6日に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が公布されました。以降はこの法律にあわせて働き方改革が具体的に進められていくことになります

法律の施行に伴って社内の規則を変更する必要性が出てくるかと思いますが、その場合、この法律ができた経緯や考え方を知っておくことは非常に重要です

その働き方改革の基本的な考え方につういて詳しく見ていきましょう

働き方改革の基本的な考え方

 

働き方改革は、働く方々が、個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を自分で「選択」できるようにするための改革です

<厚生労働省のリーフレットより引用>

これが働き方改革の法律を作るうえでの基本的な考え方です

そして今回の「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」では大きく分けて二つのことが決められました

  1. 労働時間法制の見直し
  2. 雇用形態に関わらない公正な待遇の確保

この二つについて順に見ていきましょう

労働時間法制の見直し

 

①の労働時間法制の見直しについては、働きすぎを防ぎ、ワーク・ライフ・バランスと多様で柔軟な働き方を実現するために制定されました

具体的には長時間労働を抑止したり、有給休暇を取得しやすくしたり、自立的で創造的な働き方を希望する人たちのための新たな制度が作られました

雇用形態に関わらない公正な待遇の確保

 

②の雇用形態に関わらない公正な待遇の確保は

同一企業内における正規と非正規との間の不合理な待遇の差をなくし、どのような雇用形態を選択しても待遇に納得して働き続けられるようにすることで、多様で柔軟な働き方を「選択できる」ようにするために制定されました

この二つを念頭に働き方改革で変わることについて具体的に見ていきましょう

働き方改革で変わること

 

今回は導入ですので項目のみを列挙します

詳しい内容は明日以降の記事に載せる予定ですので、是非そちらをごらんください

労働時間法制の見直し
  • 残業時間の上限規制
  • 「勤務間インターンバル」制度の導入促進
  • 年5日間の年次有給休暇の取得(企業に義務付け)
  • 月60時間超の残業の、割り増し賃金率引き上げ
  • 労働時間の客観的な把握(企業に義務付け)
  • 「フレックスタイム制」の拡充
  • 「高度プロフェッショナル制度」を創設
  • 産業医・産業保険機能の強化

こちらの施行期日は2019年4月1日となっています
※中小企業における残業時間の上限規制の適用は2020年4月1日
※中小企業における月60時間超の残業の割町賃金率引き上げの適用は2023年4月1日

そして二つ目の雇用形態に公正な待遇の確保の項目で変わるものは

雇用形態に公正な待遇の確保
    • 不合理な待遇差をなくすための規定の整備
      • ①パートタイム労働者・有機雇用労働者
      • ②派遣労働者
    • 労働者に対する、待遇に関する説明義務の強化
    • 行政による事業主への助言・指導等や裁判外紛争解決手続(行政ADR)の規定の整備

となっています

こちらの施行期日は2020年4月1日です

この記事のまとめ

 

今回は以上となります

働き方改革で変わる詳しい内容は明日以降記事を載せていくので是非ご覧ください

この記事が少しでも役に立てれば幸いです