【口頭?】【書面?】労働条件通知書って必要なの? 雇用契約書とはどう違うの?

おはようございます、社会保険労務士の有馬です

大企業や毎年採用のある中小企業ではなじみのある労働条件通知書・雇用契約書ですが、小規模の事業を営む会社や零細企業ではどううものか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか

労働条件通知書・雇用契約書は使用者にも労働者にも大切なものです

今回は労働条件通知書と雇用契約書について詳しく説明します

労働条件通知書と雇用契約書は同じように見えて実は違うものです

その違いというのは

労働条件通知書は労働基準法で定められている項目で、雇用契約書は民法で定められている項目なのです

このことが労働条件通知書と雇用契約書についての決まりごとに微細な違いを見せています

その違いについて詳しく見ていきましょう

労働条件通知書・雇用契約書は口頭か書面か

労働条件通知書は書面で作る必要があります

しかし、雇用契約書は口頭でも大丈夫です

まずは労働条件通知書ですが、こちらは労働基準法の第十五条に規定されています

そして施行規則に書面での発行が記載されています。なので、労働条件通知書は書面で労働者に交付する必要があります

一方雇用契約書は民法に規定されている項目です

民法には契約の形式の自由の原則がありますので、書面での通知は義務付けられていません

ちなみに民法の特別法である労働契約法にも雇用契約書の項目はありますが、できる限り書面での交付ということになっていて、やはり書面での交付は義務づけられていません

まとめると以下のようになります

労働条件通知書 → 書面での交付が義務

雇用契約書 → できる限り書面での交付

 

アルバイトや短期の労働者を雇用する場合、労働条件通知書を作成していないという会社が結構あるという話を耳にします

労働条件通知書は賃金や労働時間等、トラブルになりやすい部分の取り決めをするものなので、どんなに短期間での雇用でもめんどくさがらず、必ず作成しましょう

また、雇用契約書に関しては書面での交付の義務はなくとも、書面で交付しておいた方が、後々のトラブルが避けられるので、できる限り書面で交付しましょう

労働条件通知書・雇用契約書の内容について。何を書けばいいの?

労働条件通知書に記載しなければいけない項目は法律で決まっています。いわゆる絶対的記載事項です

  • 労働契約の期間
  • 更新の有無
  • 職場の場所。従事する業務
  • 始業と就業の時間。残業の有無。休憩・休日・休暇・ローテーション等
  • 賃金の支払い方法
  • 退職に関すること(解雇の事由含む

 

なので雇用契約書もこれにならって作成することになります

なお、労働条件通知書の保管期間は三年間です

短期の労働者を雇用する場合でも三年間はちゃんと保管しておきましょう

他にも昇給や賞与に関する取り決めがあるなら記載しておきましょう

取り決めがある場合記載しなければならない事項、いわゆる相対的記載事項は以下の通りです

  • 退職手当に関すること
  • 臨時の賃金、賞与に関すること
  • 労働者に負担させる食費や作業用品費のこと
  • 安全衛生に関すること
  • 職業訓練に関すること
  • 災害補償・業務外の傷病扶助に関すること
  • 表彰・制裁に関すること
  • 休職に関すること

 

労働条件通知書は使用者と労働者とのトラブルを未然に防ぐものですので、不明な部分はなるべくないようにしておきたいですね

あと、上の破線で囲ってある労働条件通知書に記載すべき内容に残業の有無の項目がありますが、労働条件通知書だけでは労働者に残業させることができず、36協定の締結が必要です

36協定については過去の記事で詳しく説明していますのでそちらも併せてご覧ください

ちゃんと出してますか?36協定

36協定を出したらどのくらい労働時間を延長できるの?
36協定の届出ってなに? どこに届けるの? 36協定の特別条項ってなに?

こういった疑問に答えます

 

36協定を作るときの決まり事【労使協定 → 届出 → 周知】


おはようございます、社会保険労務士の有馬です。36協定に関して前回の記事で解説しました。では具体的にどうやって作成すればいいのでしょうか。36協定を作成の手順、注意点などご説明します

 

また、労働者に適用される条件が具体的に就業規則に記載されている場合は、労働者個人個人に適用される就業規則を明示し、配布すれば、再度書面で配布する必要はありません

一般的には絶対的記載事項を記した書面を配布して、相対的記載事項は就業規則という会社が多いのではないでしょうか

就業規則については過去の記事で詳しく解説してますので、そちらをご覧ください

【10人以上】就業規則が必要な会社。必要じゃない会社【10人未満】

就業規則って言葉をたまに聞くけどそれってうちの会社に必要なの?就業規則が必要な会社と必要じゃない会社について教えてほしい。そもそも就業規則って何なの?

こういう質問に答えます

 

まとめ

労働条件通知書と雇用契約書は同じようで実は少し違っています

どちらも大切なものなので、記載項目に漏れがないように作成しましょう

今回は以上となります

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです