残業をするってどういうことだろう? もう一度考えよう

残業をするってどういうことだろう

残業が会社にもたらすリスクとはなんなんだろう

分かっていそうで分かっていない、残業が会社にもたらすリスクについてもう一度考えてみましょう

この記事の内容

残業とはなにか

残業が会社にもたらすリスクについて

 

この記事を書いている私は勤務・開業合わせて4年ほど

残業を減らしたい

残業をなくしたい

そう思っている経営者や管理職の方は多いでしょうが、そのためには残業とはどういったリスクがあるのかを知り、なぜ残業を減らす必要があるのか目標を明確にしておく必要があります

残業とは会社にとって切っても切れないもの

残業がもたらすリスクについてもう一度考えてみましょう

残業とはなにか

 

そもそも残業とはなんでしょうか

分かっているようでわかっていない残業についてもう一度ここで確認しておきましょう

残業は法定時間外の労働のことで、法定時間とは労働基準法32条にはこう記されています

1.労働基準法の労働時間
第 32 条(労働時間の原則)
① 使用者は、労働者に、休憩時間を除き 1 週間について 40 時間を超えて、労働させてはならない。
② 使用者は、1 週間の各日については、労働者に、休憩時間を除き1日について8時間を
越えて、労働させてはならない。

変形労働時間制やフレックスタイム制や特例措置により週44時間の労働時間が設定できる事業所もありますが

基本的には一日8時間、週40時間超えた部分が残業となります

では残業時間の基本を理解したところで、残業がもたらすリスクについて考えてみましょう

残業が会社にもたらすリスクについて

 

残業には大きく分けて二つのリスクがあります

一つは社員の健康・メンタルヘルスの問題

もう一つは会社の経営資源の問題です

この問題について一つ一つ詳しく見ていいきましょう

社員の健康・メンタルヘルスの問題

 

残業が会社にもたらすリスクを取り上げるときに真っ先に社員の健康とメンタルヘルスの問題を取り上げたことに疑問符を上げる方ももしかしたらいるかもしれません

ですが、長時間の残業、いわゆる長時間労働は社会的にも深刻な問題となってきています

過労死ラインに代表されるように、発症前2~6ヶ月の間に80時間を超える残業や、1ヶ月前に100時間を超える残業など、明らかな過重労働がある場合には原因となる疾患との関連性が強まると判断されます

そうでなくても、従業員さんが健康を害してしまったり、心を病んでしまうなどということになれば、仕事の能率も落ちますし、そのことが原因で仕事を休んでしまうということにでもなれば、他の従業員さんに負担が行くことになるので、長時間労働については全くいいことはありません。むしろリスクばかりです

これも残業がもたらす会社へのリスクといえるでしょう

会社の経営資源の問題

 

次に会社の経営資源の圧迫の問題です

いうまでもなく、会社はその利益から従業員さんにお給料を支払っているわけですが、残業というのは基本的に1.25倍の支払いなので、残業をさせると通常の賃金よりも多くの賃金を支払わらなければいけないということになります

要はより多くの経費がかかってしまうということです

それが具体的にどれくらいの金額になるのか簡単に計算してみましょう

例:時給1,000円の社員が法定時間内に40時間働く場合と法定外労働時間に40時間働く場合の比較

法定時間内の場合:1,000(円) × 40(時間) = 40,000円

法定時間外の場合:1,000(円) × 40(時間) × 1.25(割増率) = 50,000円

 

このように時間内と時間外では10,000円の差が出ます

10,000円というと大した金額ではないかと思われるかもしれまんせが、これを小売業の売上高営業利益率の平均3%に換算してみると

10,000 ÷ 3% = 約33万円(333,333.3333….)

となり、

月に40時間残業する方が10人いると約333万円もの売り上げの損失が月に出ていることになります

この金額は時給1,000円で割増率も1.25倍で計算している簡単な試算なので、実際には深夜労働や休日労働もあるでしょうから、もっと高い金額になるかと思います

まとめ

 

残業に潜むリスク、残業がもたらす会社へのリスクについて理解することは残業を減らしていく取り組みの中で欠かせないものとなっています

この記事が少しでも役に立ち、従業員さんのライフ・ワーク・バランスの健全化に役立てれば幸いです

また、残業を減らす方法につていも過去の記事でご紹介していますので、是非お読みください

残業時間を減らす最も簡単な方法

残業を減らす方法

残業代は高いし社員は疲れるしで、残業にいいことないのはわかってるけど、どうやって残業を減らしていけばいいのかわからない。残業を減らすコツを教えてほしい。こういう質問に答えます。

 

【マインドと理解】残業を減らす方法【ヒント】

【マインドと理解】残業を減らす方法【ヒント】

残業を減らしたいけどどうしていいかわからない。取り組みは行っているけどいまいち成果がでない。そもそも残業を減らすってどうすればいいの? 業務改善っていったいどこから手をつけていけばいいの?
こういう質問に答えます。

 

時間外労働削減に特化したコンサルティングも行っていますので、是非ご検討ください。初回の相談料金は無料です

時間外労働(残業時間)削減コンサルティング

 

残業を減らしたい。長時間労働を減らしたい会社向けのコンサルティングのご案内